リクルート

RECRUIT

日本マーケティング研究所は、1958年(昭和33年)、日本のマーケティング草創期に、市場調査の仕事を始めました。  リサーチから出発した私たち日本マーケティング研究所(JMR)グループは、現在、マーケティングサービスを「問題解決業」 と考えています。言うならば、企業の抱える、様々な課題を“外部にいる内部”の立場、あるいは、お客様とのパートナーシップのもと、 解決に至るまでをお手伝いできるプロ集団であることです。


私たちが、成長の過程で得た3つの根幹とは、
 
市場と顧客の理解
事実の中にしか問題解決の手掛かりはありません。変化し続ける現実、その変化をどのように捉えるのか、捉えた事実を如何に認識するのか、 その中から問題の本質をどの様にくみ上げるのか すべてが、戦略の差となり、成否を分ける要因です。
 
解決策としての戦略提案
調査から読みとれる課題を明確にし、最適でかつ競争力のある解決策を具体化する。新しい市場と顧客の見方だけにとどまらず、それぞれのお客様にそれぞれの問題解決策(=戦略)を提案いたします。
 
解決する力 - 戦略展開
戦略は実行されてこそ、その価値があります。戦略の正しさは、その現場でしか検証できません。私たちは、具体的なマーケティング・アクションを実行すること、自らが、現場に身を措き戦略展開を指導・支援すること、?も私たちの責任であり、重要な領域であると考えています。

私たちは、長年のクライアント個別課題への取り組みと数々の事例研究の積重によって、他の誰よりも日本の市場、日本の企業を理解していると自負しております。
日本のマーケティングの歴史とともに成長した50年を超える経験を力に、調査・コンサルタント・研修・プランニング・SP・制作云々、単機能の枠を大きく越え、独自のトータルサービスを提供し続けてまいりました。
今後も、経営戦略・事業戦略の深みを追求する “真のマーケティング専門家集団”でありたいと願っております。


マイナビ2018