次回の講演ご案内

NEXT STUDY INFORMATION


キリンが考えるこれからの消費トレンド〜生活者の消費行動の変化がマーケティングを変える

講師:キリン株式会社

ブランド戦略部 キリン食生活文化研究所 シニア・フェロー 太田 恵理子 氏


これからの日本は、モノの飽和と成熟化、シェアリングエコノミーの台頭に加え、人口減少と高齢化が顕著になっていきます。また、生活者の暮らし方を見ると、所得格差や価値観の違いを背景に、消費行動は多様化しています。つまり生活者の心を捉え、財布のひもを開いてもらうことがますます難しくなってきていると言えます。そこで、経済や社会環境の変化をベースに、消費トレンドの未来を考えていくことは、経営戦略や新商品、新サービスの企画、プロモーションなどマーケティングを考える上で外すことのできない前提条件になります。答えの見えにくい時代だからこそ、マクロ及びミクロの環境変化を冷静に観察するスタンスが、生活者の消費性向をつかむために、これまで以上に重要な役割を担っていくはずです。今回は、このような活動を行っているキリン食生活文化研究所の生活者調査結果を踏まえながら、ミレニアルズや働く女性、アクティブシニアなどの消費行動を分析し、今後の成熟社会、日本の消費を活性化するヒントを皆様と一緒に考えていきたいと思います。                                 
◇講師プロフィール◇
東京大学文学部社会心理学科卒業。キリンビール、キリン・シーグラムにてリサーチ・商品開発・メディアプランなどマーケティング全般に携わる。2007年、新設のキリン食生活文化研究所所長に就任、2017年10月より現職。「くらしを考える。そして創造する。」をテーマに、お客様や大学、他企業と社会や生活者の変化に関する研究、新しい価値の共創を行っている。

  • 日 時 12月7日(金)15:00〜17:00 
  • 会 場   文春ホール(文藝春秋西館地下1階) 千代田区紀尾井町3-23 
  • 交通機関 東京メトロ有楽町線「麹町」駅から徒歩3分/東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分/JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線「四ツ谷」駅から徒歩10分
  • 参加費 15,000円(非会員の方が参加ご希望の際の参加費です。)

お問い合わせ先

TEL 03-3263-7131 担当 坂田


月例会参加お申し込みはこちらから
  • 総合e-mailへ
  • お申し込みはこちら
  • お申し込みはこちら

企業SNSを通じた生活者との双方向コミュニケーション〜東急ハンズ「中の人」に聞く効果的活用術

講師:株式会社東急ハンズ

営業企画部 営業企画グループ グループリーダー 本田 浩一 氏


企業SNSが誕生し始めて10年近くが経過し、企業ではソーシャルメディアの公式アカウントを運用するのが当たり前の時代となっています。では、その活用目的はどのようなものが多いのでしょうか。企業全体のブランディング、広報活動といったコーポレートコミュニケーション的な意味合いのものからキャンペーンでの利用、サイトへの流入増など、集客・プロモーション寄りのものまで様々です。ブランディングへの活用における一番のポイントは、ユーザーに共感が得られる情報をポイントに据えた展開をすること、つまり、「ユーザーに主体になっていただく」ことです。既存のメディア(テレビ、雑誌、Web)では、企業が主体となってブランドイメージを表現した情報(広告など)を発信して共感を得る手法でしたが、SNSではユーザー目線のものでなければ受け入れられません。また、広告費の面で見ても、SNSは既存メディアよりもはるかに安いコストで展開できますので、広告予算の限られた企業にも非常に魅力的な媒体です。但し、課題もあります。営業上の効果が見えにくい点や担当する人材、知識が不足しているケースが多い点です。その結果、使い方を誤ると、SNS上での発言が議論を巻き起こしたり、非難されたりして、「炎上」を引き起こすこともあります。今回は、東急ハンズのTwitter公式アカウントのいわゆる「中の人」として、ソーシャルメディア戦略に深く関わってこられた本田様に、様々な事例をご紹介いただき、効果的な活用術をご教示いただきます。

  • 日 時 1月29日(火)15:00〜17:00 
  • 会 場   文春ホール(文藝春秋西館地下1階) 千代田区紀尾井町3-23 
  • 交通機関 東京メトロ有楽町線「麹町」駅から徒歩3分/東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分/JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線「四ツ谷」駅から徒歩10分
  • 参加費 15,000円(非会員の方が参加ご希望の際の参加費です。)

お問い合わせ先

TEL 03-3263-7131 担当 坂田


月例会参加お申し込みはこちらから
  • 総合e-mailへ
  • お申し込みはこちら
  • お申し込みはこちら