次回の講演ご案内

NEXT STUDY INFORMATION


ロフトをメディア化するプロモーション戦略
−ロフトとのコラボで体験価値を高める

講師:株式会社ロフト

ブランド営業部 プロモーション営業担当 倉田 正敏 氏


生活雑貨を扱う潟鴻tトでは、店舗の一角を、企業の商品やサービスをプロモーションするためのメディアとして提供するサービスを、昨年2月から本格的に開始しています。その渋谷ロフト店での取組みによる効果と成果事例についてご紹介致します。渋谷ロフト店には、月間平均47万人が来店し、平日は1万人、休日は2万人に到達します。来店客の内訳は、75%を女性が占め、平均年齢は31歳と全国のロフトの平均年齢37歳よりも若く、女性を中心とした若い層との接点が持ちやすい場所と言えます。そのような場所で、単純に商品やサービスを紹介するのではなく、ロフトならではの持ち味を活かしたプロモーションを行い、企業の潜在的な顧客に対しての体感型のPRを実現しています。今回は、昨年から本格的に始動された「プロモーションメディアとしてのロフト」の事例を紹介いただき、異業種とコラボレーションする際のポイントなどをお話しいただきます。既存のプロモーションだけではなく、新たなプロモーションの場での顧客との接点を模索されたり、体験価値を高めるプロモーションを検討されている方は、ぜひともこの機会にご参加ください。

  • 日 時  5月16日(火) 15:00〜17:00 
  • 会 場  会 場  文春ホール (文藝春秋西館地下1階) 東京都千代田区紀尾井町3-23
  • 交通機関 有楽町線「麹町」駅から徒歩3分 半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分 JR中央線・総武線、丸の内線「四ツ谷」駅から徒歩10分
  • 参加費 15,000円(非会員の方が参加ご希望の際の参加費です。)

お問い合わせ先

TEL 03-3263-7131 担当 坂田


月例会参加お申し込みはこちらから
  • 総合e-mailへ
  • お申し込みはこちら
  • お申し込みはこちら

『よなよなエール』のマーケティング戦略
−熱狂的なファンとクチコミを生む、愛されブランドの創り方

講師:株式会社ヤッホーブルーイング

よなよなエールFUN×FAN団 マーケティングディレクター 稲垣 聡 氏


典型的な寡占市場であるビール業界で、キラリと異彩を放つビール「よなよなエール」。1997年、空前の地ビールブームの中、株式会社ヤッホーブルーイングから発売されたクラフトビールです。今までに、世界三大ビール品評会で8年連続金賞受賞、楽天市場のビール・洋酒ジャンルにおいて「ショップ・オブ・ザ・イヤー」を10年連続で獲得するなど輝かしい受賞歴があります。そのようなヤッホーブルーイングですが、地ビールブームの終焉と共に、1999年をピークに8年連続赤字という苦境に陥りました。それが、2004年より本腰を入れたネット通販を契機に、その後の斬新なマーケティング戦略等により、毎年成長を続けています。その成長を支えたのが、熱狂的なファンの存在です。まず製品を作るときは多数の人が支持するものではなく、少数でも熱狂的に支持する人がいるものを採用。また年間契約した方向けの「限定商品」なども、ビールファンが思わず欲しくなるしかけがあります。そして、ファンに向けた様々なイベントを毎年実施。7月〜10月の醸造所見学や5月の北軽井沢での「超宴」、そして公式ビアバルでの「宴」などを通じてファンと交流。多くの参加者がSNSでその様子を発信し、プロモーションの一端も担っているといえます。今回は、このように熱狂的なファンに支えられるブランドになるためにされていることをお話しいただきます。顧客の体験価値や製品ブランドのファン作りをどうすればいいか悩まれている方に、特におススメです。ぜひともご参加ください。

  • 日 時  6月23日(金) 15:00〜17:00 
  • 会 場  会 場  文春ホール (文藝春秋西館地下1階) 東京都千代田区紀尾井町3-23
  • 交通機関 有楽町線「麹町」駅から徒歩3分 半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分 JR中央線・総武線、丸の内線「四ツ谷」駅から徒歩10分
  • 参加費 15,000円(非会員の方が参加ご希望の際の参加費です。)

お問い合わせ先

TEL 03-3263-7131 担当 坂田


月例会参加お申し込みはこちらから
  • 総合e-mailへ
  • お申し込みはこちら
  • お申し込みはこちら